近況

アトピー対策

 まずは、あきの様子ですが・・・
 完全復活です!
 「もう、ウソみたいに霧が晴れた状態!」との事。
 「頭の上の方にあって重くのしかかっていたもやもやしたものが
  ぜ~~んぶ晴れた感じ。そうそう!これが普通の状態だった。
  って思いだしちゃった。考え方も前向きになったよ」
 先日、ほんとに久しぶりにクリニックに行って、またまた
 
 初めての先生に診ていただいたそうですが、
 (行くたびに違う先生)
 「やっぱ、主治医だった先生が懐かしいなぁ~前の先生は患者の
  気持ちが良く分かってた。だから子供の心のケアを担当することに
  なったんだよねぇ~ もう会えなくて残念だけど仕方ない」
 と言っていました。
 断薬状態になってから、なかなか具合がすっきりしない
 と言うと、「薬を増やしてください」とだけ言われたそうです。
 「薬を増やすったって・・・・・」
 結局、ルボックス半錠を毎日飲むようにしました。
 しかし・・・一日半錠なんて血中濃度からすると微々たるものらしいです。
 
 これは効いているという範囲の薬の量ではないそうです。
 それでも、一日半錠・・・。「やっと減らしたのになぁ~」って
 
 ポツリと言っていました。
 【1日半錠飲んでいくと半年は薬が持ちます。次回の通院は半年後です
  もちろん減薬すればもっと先へのびます】
 呼吸法と洞察を暇さえあればやって、それ以外にも夕飯の片づけが
 終わると私も一緒にタイマーを置いて40分の呼吸法を3~4日続けて
 行っていました。
 「ママ、私につきあってくれてありがとね」
 そいうしているうちに、段々段々状態が良くなってきました。
 前回書いた時も良くなっていたのですが、あの後少し落ちて
 今回はほんとにすっきりしてきたそうです。
 ただ、まだまだ体力が付いているわけではないので数年は気を付け
 なければいけません。
 昨日は大菩薩峠、今日も八ヶ岳に上っている元気いっぱいの姉を
 羨ましく思っているようです。
 「いいなぁ~ お姉ちゃんは・・・この前、富士山にも上って・・・」
 あきは、小学生の時、ガールスカウトで富士山には上っていましたが
 それでも、元気な姉を見ると羨ましくて仕方ないようです。
 「人を羨んでも仕方ない・・・今は元気になる事。」というと
 「そうだね」とちょっと寂しく笑います。
 
 さて、今日はアトピーの話・・・
 アトピーでない人には関係ないのですが・・・
 アトピーは、異様なほどストレスに関係しています。
 ストレスがたまるとすぐにアトピーが悪くなります。
 夏になると手足を出さざるを得ないのですが、
 どこもひっかき傷が残っている状態になります。
 酷い時は、顔が真っ赤に腫れます。
 身体は見えない部分ですが
 「私・・脱ぐと凄いのよ・・・アトピーが」
 と言って時々爆笑しているあきです。
 しかし・・・・今回の予期せぬ断薬でアトピーはそれほど
 悪くなりませんでした。
 確かに「今日はとってもかゆい」という日もありましたが
 それでも、肌が掻き傷だらけという状態にはなりませんでした。
 一つには漢方でまずは便秘を治す事を始めているのが良いのかもしれません。
 子供のころから頑固な便秘で、ここ数年はラキソベロンを20滴も
 
 飲まなければ翌日スッキリしないという状態でしたが、
 漢方外来に行き、薬を代えながら様子を見ている段階ではありますが
 今では10滴でOKになりました。
 近日中にまた漢方外来に行く予定です。
 漢方の先生は
 「うつを良くするにはまずアトピーを良くしよう。
  アトピーはまず腸を強くする事。酷い便秘なんだね・・・。
  薬は悪い菌ばかりでなく良い菌もやっつけちゃうときがあるからね。
  良い菌は育てる!あと冷え症だね。その上、脈に元気が無い。
  便秘のほかに、身体を温める漢方と、血流を良くする漢方とを出すね。
  それで自分にあった漢方が見つかったら、その次は
  うつ病を治すような漢方を出していくね。
  順番に良くしていこう! 任せとけ!」
 と言う、とっても優しくて頼りになる先生だそうです。
 「なんか安心できるんだよね。任せとけば大丈夫って信頼できる」
 まずは、冷たかった手足が暖かくなりました。
 次に、便秘が少しずつ改善されています。
 
 漢方だけでなく、私が日々行っているのは食事。
 特に食事内容に気を付けなくても、あきが好きなものを作れば
 アトピーに良いと言う事がわかりました。
 アトピーの子は、ハンバーグやスパゲティやカレーなんかよりも
 具だくさんの味噌汁や、ひじき、きんぴら、煮物、根菜類、
 いわし(つみれなど)や、さんまなどの魚を好んで食べたいと
 いうらしいです。
 あきもそうでした。 完全!和食党です。
 和食にすることがアトピーには良いそうです。
 玄米が良いという話と、玄米はダメで麦ごはんが良いという話が
 ありますが、今は玄米より麦ごはんを時々出しています。
 そして肝心なのが「油」
 これがびっくりなんですが、植物性の油は身体に良いという認識は
 間違っているそうです。
 「油を絶てばアトピーはここまで治る」永田良隆著
 という本を買いました。
2011818.jpg
 詳しい事はここでは書きませんが、とにかく植物性油
 (もちろんコーン油とかひまわり油とかごま油とか植物性すべて)
 はアトピーに最悪だそうです。
 アトピーは皮膚が火傷状態になているのと同じで、植物性油は
 火に油を注いでいるようなもののようです。
 そこで同じ植物性でも成分が違う「えごまオイル」が有効!
2011818-1.jpg
 シソ油なのですがこれがアトピーに良いとの事。
 わずか110gで700円くらいという非常に高い油ですが
 これを使い始めて肌の状態がぐんぐん良くなってきました。
 あきのお弁当や、あきが夕食に食べるものにはすべて使い、
 1週間に1本使い切ります。
 まずは顔がつるつるになりました。
 アトピーだとは気が付かないほどです。
 手足の傷もまだ少し残っていますが、気にならない程度です。
 ストレスがかかっても、大きく悪化することがなくなってきました。
 
 「焦る事は無いけど、長期の目標としては、
  来年の今頃は、うつの薬も飲んでいない、アトピーも便秘の解消!
  っていうのど~お?」と聞くと、あきは
 「いいねぇ~」と親指を立てて見せました。
2011818-2.jpg  
『今年もひまわり畑に行きました』
 【拍手にコメント下さった方へ】
  まりねさん
   はじめまして。お返事がおそくなってごめんなさい。
   参考にしてくださってるとのこと、ありがとうございます。
   まりねさんが少しでも良くなりますようにお祈りしています。
  えびちゃんさん
   ありがとうございます。そのとおりです。

アトピー対策” に2件のコメントがあります

  1. はじめまして。
    うちの娘もアトピーで、えごま油を買いました。しそ油・えごま油は熱に弱い為、料理に使えないので(サラダにかける・味噌汁に入れる・そのまま飲む)なかなか使えません。料理に使っておられたのですか?大丈夫なのですか?教えてください。早く治してあげたいと思っているのですが・・・

  2.  鵜野さん
     はじめまして
     酸化しやすいので揚げ物などには使えませんね・・・。
     確かに熱に弱いけど、炒め物の時
     テフロン加工のフライパンに野菜をそのまま入れて
     炒めて、最後に少したらして油をまんべんなく
     絡めるようにしています。
     油いためのようになります。
     私は料理ベタなので油を全部排除する事ができません。
     特にお弁当は煮る、ゆでる、蒸かすだけでは
     レパートリーが・・・・。
     なので出来るだけ最後に入れるようにしています。
     エゴマ油のほかに、娘にはカルピス社の
     『L-92乳酸菌』(商品名:アレルケア)を
     飲ませています。
     エゴマ油使用と同じ時期くらいに始めました。
     どちらが効いているかは分かりませんが
     かなり改善して、顔には出なくなりました。
     首も良くなりました。
     なんにしても続けるって言う事が大事ですね。

コメントは停止中です。